独身 男性 末路

独身男性の末路は?

最近は結婚しない男性が増加しています。
男性が結婚しない理由は「出会いが無い」、「自分の時間を大切にしたい」、「結婚するメリットがない」など様々です。
確かに、結婚すると自分の時間は少なくなるし、辛いことも多いことでしょう。
ですが、本当に一生独身でいいのでしょうか?
20代、30代の頃は独り身であれば楽しく過ごすことができるでしょう。友達や同僚と毎日のように飲み歩くこともできますし、趣味も楽しむことができます。
では40代ではどうでしょうか?40代ともなれば体力の衰えを感じ始めます。
そして、それと同時に孤独感も感じ始めることでしょう。
50代になればつるむ相手もいなくなり、その孤独感はさらに強くなります。
その後は年齢を重ねるごとに「あの時結婚しておけばよかった」と後悔するようになります。
その頃同じ年代の男性たちは孫ができ、家族で幸せな時間を過ごしているのです。
そのため、友人たちとは話がかみ合わなくなり、ますます孤独な人生を歩むことになります。
想像してみて下さい。
体が弱り病院で一人でいる自分の姿を。
見舞いに来てくれる人は誰もおらず常に一人です。
介護が必要になればお金も必要になってきます。
年金だってもらえるかわかりません。

金銭面でも不安は付きまといます。
あなたはそれでも一生独身を貫きますか?